スタッフ紹介 鍼灸マッサージ師

私は鍼灸マッサージ専門学校を卒業後、福祉関係に興味があった為特別養護老人ホームに入職しました。機能訓練指導員として先輩看護師・理学療法士に指導を受けました。介護職・医療職と入居者様の問題を解決する中で、用語や考え方を身に付ける事が出来ました。当時は社会的入院が問題視され、介護保険が開始され直後でした。今では医療・介護サービスが入る事で住み慣れた自宅で、安心安楽に過ごせるようになりました。私もその一端を担えるようになってきたかなと考える事が出来たのは卒業して17年目でした。患者様が日常生活で出来ずに困っていることを解決出来た時の感謝が、私の働く原動力になっています。
痛みの原因・動作・歩行を理学評価し、出来ない原因を患者様とご家族、施設スタッフと共有し、一緒に解決する為のプログラムを行っています。関節拘縮が原因でれば関節モビライゼーションを用いて、上着の着脱・肌着の交換・ADLを妨げている関節にアプローチしています。痛みが原因であればトリガーポイント療法に基づいたマッサージ・はり・灸を行ってます。また、筋力強化は痛みの軽減・動作改善に重要な要素である為積極的に行い。必要に応じては足底板の提案も行ってます。ADL向上の為にPNFを基本要素にアプローチをしています。脳血管障害のアプローチとしてボバース法を用いて、無理せず、頑張らずに動作が出来るように努めています。

icon_medical_woman01[1]


ページの先頭に戻る