「がんばっています岐阜県人」に所長が紹介されました。

東京ヘルスケア機能訓練センター社長
針灸マッサージ師育成
 長尾 雅人さん
「針灸マッサージ師の社会的地位を高めたい」と語る長尾雅人さん=東京都武蔵野市

 高齢者を対象に、機能回復のリハビリテーションを行うデイサービス施設を都内6カ所で運営する。現代医学に加え、針灸(しんきゅう)術や自衛隊で学んだ体育学を組み合わせたプログラムが特徴だ。「業界そのものは飽和状態だが、うちは独自性があり需要は高い」と手応えを語る。

 出身は旧吉城郡国府町(現高山市国府町)。20歳で自衛隊に入隊し、体育学校でスポーツ選手のトレーニングや、けがからのリハビリに携わった。

 現在、施設では機器を使った筋力運動やストレッチ、電気治療、はり・きゅうなどを提供。「たとえば、まひを治そうと訓練ばかりするのではなく、うまく付き合って旅行や散歩も楽しもうとの考え方が増えた」という。

 針灸マッサージ師を介護保険制度の機能訓練指導員に追加するよう国に求める活動にも尽力。「社会的な地位を高めるには、根拠となる技術が必要。患者の求めに応じられる人材を育てたい」と若手の指導にも力を注ぐ。

 働き詰めの毎日で「倒れないよう自分でおきゅうをしている」と笑うが「それくらいやらないと人は付いてこないし飯は食えない」と自らを鼓舞する。都内在住、45歳。

(岐阜新聞 2015年2月18日掲載)

コメントを残す

※全て入力必須項目です。


ページの先頭に戻る