ディサービス 武蔵境 個々の利用者様にプログラムをご提案しています ①

thUDS3VO97
  
私達、東京ヘルスケア機能訓練センター武蔵境は、2015年の武蔵野市ケアリンピックで「奨励賞」を受賞しました。

 症例 Aさん
問題点
踵重心で歩行中、歩行中に足趾が接地しない。

身体状況
関節可動域・筋力低下はない。

目標 
歩容の改善により、安全安楽にこれからもバスに乗って麻雀に行きたい。

問題点
1.歩幅が短い
2.踵重心
3.骨盤後継により、軽度股関節の屈曲位
4.足趾が接地していない

解決策
1. 横歩き訓練を行い、立脚期の延長を図り、歩幅の延長を図った。
2. ファンクショナルリーチで、前方荷重を促し、踵重心の改善と足趾の接地を図った。
3. 骨盤の前傾を促した。
4. 片足荷重・骨盤回旋を促した。
5. 杖歩行を行う事で、前方荷重を促す。

結果
3メートル歩行は9秒が5秒と早くなった。

コメントを残す

※全て入力必須項目です。


ページの先頭に戻る